葵福岡会館

電話番号

福岡市東区原田4丁目2-12
受付/24時間 年中無休

忌中・喪中とご追悼
トップページ > お葬式の流れ「葬儀前に準備すること」

お葬式の流れ

03 忌中・喪中とご追悼

死亡通知とお礼状

お通夜・ご葬儀のご連絡ができなかった方へ、「死亡通知」をお送りします。 また、お通夜・ご葬儀後、一般参列者の方に「会葬礼状」をお渡ししていない場合、早めに「会葬礼状」をお送りします。

基本台帳の整理と作成

お葬式の後、ご遺族は、「死亡通知」「お礼状」「香典返し」「法要」「補助金申請」「遺産相続」「税控除」「確定申告」などの 諸手続きを滞りなく行うため、基本台帳を整理・作成します。
01.「芳名帳」(「名刺」なども一緒にします)
02.「広範な関係者名簿」(「死亡通知」「年賀欠礼挨拶状」などのため)
03.「香典帳」(「供物帳」「香典袋」なども一緒にします)
04.「会計記録台帳」(各種領収書も必ず整理しておきます)

初七日

「初七日法要」は、お葬式後の大切な供養です。故人のご冥福を祈り、御住職にお経をあげていただきます。 最近では、葬儀式と連続して行うこともあります。

遺言書

遺言書の有無を確認します。遺言書は、財産・相続・身分に関する公的証書です。民法が定める遺言は、「公正証書遺言」「自筆証書遺言」「秘密証書遺言」と「危急時遺言」「隔絶地遺言」です。最も新しい日付のものが有効となるなど細かな法規がありますので、弁護士や家庭裁判所等に相談されるのが良いようです。

ご位牌とお仏壇

「中陰壇」に安置する「白木位牌」は、忌明け以降「本位牌」となり、お仏壇に安置することになります。 本位牌には、塗り位牌や繰り位牌があります。またご位牌は、戒名等を入れなければなりませんので、早めに準備します。 浄土真宗では位牌は用いません。ご住職にお願いして、法名軸か過去帳に故人の法名を書いていただきます。 ご自宅にお仏壇がない場合、忌明け法要の前に求めることが多いようです。
尚、新しい仏壇は、御住職に開眼供養(真宗では「おわたまし」と言う)していただく必要があります。
※宗旨宗派により、細かな相違があります。僧侶の方などにご相談ください。

忌中と喪中

「忌中」とは、仏式では「四十九日」の忌明けまで、神式では「五十日(祭)」の忌明けまでの期間です。 また「喪中」の期間は、仏式も神式も、故人がなくなられてから1年後の命日までです。喪に服する期間、ご遺族は、慶事・祭礼などへの出席を差し控えます。 キリスト教では、信者となった時、神と共にある者へと生成すると考えます。従って、肉体の死は神とあることの一つの課程ですから、忌明けの儀などがありません。但し、故人を偲ぶ会などを開きます。

忌明けと中陰供養

仏式の法要は、「中陰供養」と「年忌法要」とに分かれます。「中陰」とは故人の来世が決まるまでをさし、亡くなられた日から49日目までのことを言います。 「中陰供養」は、「初七日」(亡くなられた日を含め七日目)、「二七日(フタナノカ)」、「三七日(ミナノカ)」、「四七日(シナノカ)」、「五七日(ゴナノカ)=三十五日(サンジュウゴニチ)」、「六七日(ムナノカ)」、「七七日忌(シチシチニチキ)=四十九日(シジュウクニチ)」です。日数は、亡くなられた当日を含め七日ごとになります。地域によっては、「逮夜(タイヤ)」の重視から、一日早い法要となります。「初七日」「五七日(イツナノカ)」「七七日忌(シチシチニチキ)などが重要とされます。
「四十九日(シジュウクニチ)」が「忌明け法要」の日です。四十九日をもって「中陰壇」は取り払います。「忌中札」を取る日は、原則的にこの日です。 他に「百カ日」「月忌法要」なども重要です。(「三十五日(サンジュウゴニチ)」をもって忌明けとする場合もあるようです)

忌明け法要の準備と式次第

会場・日時が決まりましたら、出席を願う方へ案内状を出します。法要後、会食を執り行う場合、その準備もします。 式次第は、1.僧侶の入場/2.ご遺族代表の挨拶/3.読経/4.焼香(読経の途中から始めます)/5.法話/6.会食、などです。

形見分け

故人が生前に愛用していた品々を、親族や故人と親しくしていた方に「形見分け」としてお贈りします。忌明けの日、またはそれ以降にお贈りします。故人よりも年上の方には、本人からご要望がない限り、お贈りしないのが礼儀です。

香典返し

「香典返し」には、一般参列者がお通夜・葬儀・告別式の会場から帰られる時お渡しする「即返し」(=「当日返し」)と、忌明け後にお贈りする「後返し」(=)「後日返し」とがあります。
「後返し」(=「後日返し」)では、「香典帳」(「供物帳」「香典袋」)を確認し、誰にどのような物をお贈りするかを決めます。通常、「半返し」と言われ、香典の金額の半額を目安とします。(但し、故人並びに、ご遺族の社会的立場などにより異なります)

神式の「霊前祭」

神式では、「霊前祭」と「式年祭」とに分かれます。「霊前祭」は、「翌日祭」「十日祭」「二十日祭」「三十日祭」「四十日祭」「五十日祭」、「清祓いの儀(キヨメハライノギ)」「合祀祭(ゴウシサイ)」、そして、「百日祭」と続きます。「五十日祭」が「忌明け」の儀式です。 近年、「五十日祭」と「清祓いの儀(キヨメハライノギ)」「合祀祭(ゴウシサイ)」 を同日に執り行うことが多いようです。「清め祓いの儀(キヨメハライノギ)」は、清めの儀式です。「神棚封じ」の白紙をはずします。「合祀祭(ゴウシサイ)」は、故人の霊璽(レイジ)」(仏教の位牌にあたる)を「御霊舎(ミタマヤ)」に移し、「霊璽」が祖先の霊と一緒になる儀式です。

キリスト教の場合

カトリックでは、「追悼ミサ(命日祭)を執り行います。故人の命日から3日目、7日目、30日目、1年目などに、故人と親しかった方をお招きします。教会聖堂やご自宅を会場とし、聖書の朗読、聖歌の合唱などを行います。その後、神父、参加者の方とお茶会を開き、故人を偲びます。
プロテスタントでは、命日の1週間目か20日目、または1ヵ月後の「召天記念式(祭)」などに「記念会」を執り行います。「記念会」は、故人と親しかった方をお招きし、ご自宅などで開きます。家庭聖壇にご遺影を置き、生花を飾ります。牧師の祈祷と説教(聖書朗読など)、賛美歌の合唱などを行います。故人を偲び、その人生を神に感謝すると共に、ご遺族を励ますためのお茶会を催します。

納骨とお墓

ご自宅に安置するご遺骨は、「四十九日」「百ヶ日」または遅くとも「一周忌」までに納骨します。一般的に、ご遺骨を最終的に安置する場が「お墓」です。 「納骨式」には、ご親戚と、故人と親しい方に出席をお願いし、僧侶にお勤めをしていただきます。線香、ローソク、お花、桶、柄杓(ヒシャク)などを用意しておきます。(宗派により用意するものが異なります。僧侶にお伺いください)
納骨には火葬済みの証明のある「火葬許可証」と「印鑑」が必要です。
新たに墓地をお求めになる場合、「寺院墓地・公営墓地・民営墓地」の3種から選ぶことになります。また、「墓牌・墓石」を決め、棹石に刻印する文字を決めます。お墓が整った後、僧侶に「建牌式」をお願いし、「開眼法要」のお勤めをしていただきます。このとき、同時に納骨式を執り行うことが多いようです。 尚、お墓が準備できるまで、ご遺骨を「納骨堂」に安置することも多いようです。寺院の納骨堂、公営・民営の納骨堂があります。また永代にわたりご遺骨を管理する、納骨堂形式の室内墓所などもあります。

一周忌

一周忌は、故人が亡くなられた日からちょうど1年後の、同月同日(「祥月命日(ショウツキメイニチ)」)に執り行います。この日以降、ご遺族の喪中期間が終わります。

一周忌法要の準備

一周忌法要の日時・会場を決め、ご親戚や故人と親しかった方へ案内状をお送りします。「祥月命日」当日が難しい場合、それ以前の日に執り行います。また、会食の準備もします。会場は、寺院やご自宅の場合が多いようです。この日にお墓参りをすることが一般的です。

一周忌法要の式次第

1.喪主、または遺族代表の挨拶 2.読経 3.焼香 4.法話 5.会食、と続きます。

年忌法要

仏式の「年忌法要」は、「一周忌」と「三回忌」「七回忌」「十三回忌」「十七回忌」「二十三回忌」(「二十五回忌」「二十七回忌」)「三十三回忌」「五十回忌」「百回忌」と続きます。
なお「三回忌」以降は、亡くなった時から2年目を「三回忌」、6年目を「七回忌」、12年目を「十三回忌」と数えます。

神式の「式年祭」

神式では、「霊前祭」と「式年祭」とに分かれます。「式年祭」は、「一年祭」「三年祭」「五年祭」「十年祭」(十五年祭)「二十年祭」(「二十五年祭」)「三十年祭」「五十年祭」「百年祭」と続きます。 ※教派・地域の相違により、異なることがあります。

キリスト教の場合

キリスト教では、年数が決まった儀式はありません。但しご逝去の1年後、3年後などに、天に召された故人を偲ぶ会やお茶会などを催します。
PAGE TOP